経営改善

経営改善には企業理念を明確にし、経営理念、経営ビジョン、運営方針、
行動指針を社員全員で共有し、同じ方向に向かうことが必要です。


経営状態のよくないと言われるホテル・旅館の特徴として以下のことが挙げられます。

  • 事業計画段階の売上予測が甘く、計画通りの売上を確保できないケース
  • 初期投資が過大で減価償却や金利負担で経営を圧迫しているケース
  • かつてはよかったがホテル・旅館を取り巻くマーケット環境の変化に対応しきれなかったホテル
  • 施設の劣化が激しく、清潔感に欠けるホテル・旅館
  • 社員の売上・経費についての関心度が低いホテル
  • 運営の方向性をスタッフ全員で共有できないホテル
  • 売れないからと言って安売りに走るホテル・旅館
  • コンセプトやターゲットが不明解なホテル・旅館
  • 社員の人材育成や研修等に関心が少ないホテル

再生のステップ

コンサルティングフロー : 現実的な内科的再生を経て外科的再生へ

Photo

最小投資による「再生」の最大効果 "お金をかけず" に収益改善

再生の方法

最小投資による「再生」への最大効果

Photo

ホスピタリティマネジメント(株)は内科的再生を重視します。

STEP1 現地調査・数値分析・現状把握

Photo
Photo

STEP2 問題点・改善点の提案

Photo
Photo

STEP3 コンサルテーション教育・研修

Photo

営業改善の道筋

Photo
Photo

STEP4 売上改善後着手

Photo

「人に投資をする企業は必ず生き残る」

ホテル運営においては、「ハードウェア(建物・施設)」「ソフトウェア(システム・しくみ)」「ヒューマンウェア(スタッフ・マインド)」の3つのバランスが重要です。 その中でも弊社のスタンスは「ヒューマンウェア」への投資、つまりはノウハウ・スキル・マインドを身に着けるための支援を継続的に行っていく事が極めて重要であるという考えです。 正にヒューマン・リソーセス(Human Resorces)構築のための投資こそ、これからのホテル業界にとっては極めて重要になります。 ホスピタリティマネジメント株式会社では、皆様のより良いホテル・旅館運営のためのサポートを全力でさせていただきます。 お気軽にお問い合わせください。