研修

ホテルはじめサービス産業に携わる上での最重要課題は「人材育成」です。

ホテルはじめサービス産業に携わる上での最重要課題は「人材育成」です。 どんなに素晴らしいハードを作ってもそこで働く「人」によって左右され、さらには接遇の良し悪しで利益を左右します。 スタッフのモチベーションを高める教育訓練によって、技術力のアップ、プロ意識を促し、顧客満足の向上による集客力とさらには他社との差別化にもなります。 ホテル運営をスムーズに行うために大切なことは、人の質的向上、いわば教育・訓練が大切です。

ホスピタリティマインド研修

Hospitality の本質、お客様の喜びが、従業者の喜びであること、お客様と従業者の信頼関係が従業者及び企業のブランドイメージをUPさせることを理解していただきます。

Photo
時間 1回4~6時間程度
対象者 経営者、マネジメント、スタッフ全員参加されることをお勧めします。
一回あたりの適正人数 20名程度(ご相談くださいませ)

基本接遇研修

基本接客用語から始まり、接客業に携わるために必要な常識的な研修、及び場面別応対やクレーム時の応対など様々な応対別研修を実施いたします。 お客様との接客知識及び職場内でのコミュニケーションの取り方等、良好なお客様とのリレーションや風通しの良い職場環境を創造するための従業者の役割について理解する研修です。

時間 1回4~6時間程度
対象者 接遇担当者全員が参加されることをお勧めします。
一回あたりの適正人数 20名程度(ご相談くださいませ)

電話応対研修

今や、企業間の商品力や価格差は少なくなっているのが現状です。そのため、お客様はサービスの良い会社、感じがよくて信頼できる社員のいる会社を選ぶようになっています。 電話の第一声が「はい、○○会社」とぶっきらぼうに出られる会社と、「おはようございます。○○会社、○○部○○でございます」と丁寧な応対をされる会社とでは、 特に商品の質や価格に差がなければ、後者の会社を選ぶのは当然です。そのため電話に出られる方(=会社で働くスタッフは例外なく全員)、 「ただ電話に出る」のではなく、「きちんとした電話応対をする」ために、基本的な電話応対を研修いたします。

時間 6時間程度
一回あたりの適正人数 15名程度

カリキュラム(一例)

  • 電話応対のポイント
  • 態度と言葉遣い
  • 基本発声練習
  • 電話の受け方
  • 電話の取次ぎ
  • 電話のかけ方
  • ロールプレイ

カリキュラム(一例)

  • 電話の受け方、かけ方
  • ロールプレイ
  • イールドマネジメントとは?
  • アップセールス
  • お客様の要望を聞きだす

イールドマネジメント研修

需要予測に基づき、いかに売上損失を少なくし、最大売上を獲得するかを研修いたします。
イールドマネジメント(=レベニューマネジメント)の概念と実践的運用の仕方を研修いたします。

時間 2日間(1日6~8時間)
対象者 予約担当者(宿泊だけでなく、婚礼や宴会にも効果があります)
一回あたりの適正人数 20名程度(ご相談くださいませ)

カリキュラム(例)

  • 第1章 レベニューマネジメントとは
    • 第1節 Revenue Managementとは
    • 第2節 レベニューマネジメント導入の経緯
    • 第3節 客室稼働率と売上効率の現況
    • 第4節 レベニューマネジメント導入の要件
    • 第5節 ホテル業におけるレベニューマネジメント導入の基本条件
  • 第2章 客室販売意思決定要素
    • 第1節 販売可能客室数
    • 第2節 オポチュニティ・コストと室料価格体系管理
    • 第3節 オーバーブック管理
    • 第4節 団体の取扱と代理店契約
  • 第3章 客室販売戦略
    • 第1節 セグメントの特定とマーケティング方策
    • 第2節 価格戦略
  • 第4章 レベニューマネジメントの実際
    • 第1節 稼動状況に合わせたレベニューマネジメント
    • 第2節 連泊管理によるレベニューマネジメント
    • 第3節 料飲その他収入を勘案したレベニューマネジメントの実務
    • 第4節 レベニューマネジメントについての誤解

インターネットマーケティング研修

予約をする方には何通りかパターンがあります。

  1. 日時、宿泊場所が決定している方
  2. 日時だけ決定している方
  3. 宿泊場所だけを決定している方
  4. お得なプランがあれば、場所・日程は問わず予約してみようと思っている方

インターネット経由の予約を伸ばしているところは、(2)と(4)を取り込もうとして仕組みを作って成功したところです。 イールドマネジメントの概念に基づいて、商品提供を行うことが重要です。需要予測を継続して行い分析することで、先のどの期間が満室になるか、苦戦をするかが見えてきます。 その際、どのターゲットに、どの料金を、どのサイトに出すのか、 自社サイトとネットエージェントの使い方の指導をいたします。 またホームページ経由の予約を伸ばすために、"待つ"だけでなく、"情報を発信する"ホームページ運営の研修をいたします。

時間 約4時間
対象者 予約担当者、フロント担当者
一回あたりの適正人数 10名程度

その他各種研修

レストランサービス研修、マネジメント研修など。
その他ご要望に応じて承ります。ご相談くださいませ。