フィージビリティスタディ

新規ホテルの開発あたり、事業構想の段階で、「予定している立地でホテル事業が成立するか?」 「どのようなコンセプト、どの程度のホテル規模、どんな商品・サービス展開をすべきか?」の実行可能性の検討を行う必要があります。 これをフィージビリティスタディと呼びます。 通常のマーケット調査に加え、事業成立の妥当性と経営の健全化の現実性などを調査及び評価いたします。

■報告項目例

1.現状調査とマーケット調査・分析
(1)当該地域の立地環境
(2)当該地域の都市力分析
(3)調査対象エリアの観光動向
(4)調査対象ホテル供給動向
(5)調査対象ホテル需要動向
  稼働率と平均単価の動向、マーケットシェア、ペネトレーション及びポジショニング
(6)計画地における販売価格および稼働の将来的な予想。

2.競合ホテルに関する検証
調査対象エリアの主要ホテルの運営実態調査(客室数や面積、客室稼働率、単価、客層、予約動向、婚礼、宴会、 レストラン、ホテルの特色、その他付帯設備、等)

3.新規開業ホテルの可能性
上記調査から勘案して、新規開業ホテルのカテゴリーとポジショニング、ターゲット客層、客室構成(ルームミックス、客室料金等)、付帯施設の基本構想の検証および想定をご提案させていただきます。

4.当該ホテル計画における事業収支計画
上記、1〜3の調査結果から事業収支計画の提案。

■ 調査期間
※ 業務をお請けしてから約1.5カ月間で報告会を実施いたします。(要相談)